ビデオポーカーはオンラインカジノの中でも、特に海外では人気のあるカードゲームの一つでpachinko-web.comでも紹介されています。カジノでは勝てるゲームというものは少ないですが、ビデオポーカーは勝ちやすいと言われているゲームです。

ビデオポーカーには、最もポピュラーな「ジャックスオアベター」、2がワイルドカードとなる「デュースワイルド」、ジョーカーが含まれワイドカードとなる「ジョーカーポーカー」の3種類がの機種あります。機種を選ぶ際には、フルペイかどうか、配当はどうなっているかを確認してからゲームを始めましょう。

標準的なビデオポーカーは52枚のカードでプレイされます(ジョーカーポーカーはこれにジョーカーが加わります)。掛け金を設定した後、「Deal」のボタンを押すと、52枚のデッキの中からランダムに5枚のカードが配られます。プレーヤーはハンドを作るためにホールドするカードを選びます。ホールドしたいものがない場合はすべてのカードを交換します。残りのデッキからまた新たにカードが配られます。そしてハンドができた場合には、払い戻し表に従って配当が支払われます。

ダブルアップ機能は勝てばコインが2倍、負ければすべて失うというもので、勝った時の魅力はありますが自分の感情をしっかりコントロールして大損しないように気を付けましょう。マルチハンド機能という3~100のハンドを一気にプレイすることができるというものもあります。

ビデオポーカーは、どのカードを残したほうが良いのかを戦略的に進められるゲームなので、バカラゲームやルーレット、スロットなどのオンラインカジノの機械任せのゲームとは違い勝ちに行けるゲームの一つです。一見地味ですが、じっくり考えながら長時間プレーしたいという方向きのゲームと言えるかもしれません。ただし、戦略的に挑まなければいけないがゆえに感情的になって引き際を誤るということもありますので、どのオンラインカジノにも言えることですがやめるタイミングを先に決めておくというのも大切な戦略の一つでしょう。

ビデオポーカーやその他のゲームについて知りたい方はpachinko-web.comもご覧ください。